よくあるご質問(FAQ)

お問合せの多い内容を随時更新していきます。定期的にご確認ください。 ※更新日:令和3年6月10日

信州の宿 県民応援前売割

事業者向け

Q、本補助金の対象となる事業者は?

 A、下記3点の条件を満たす事業者が対象となります。
・県内宿泊事業者(旅館業法第3条第1項又は住宅宿泊事業法第22条第1項の許可事業者)
・県内旅行会社 (旅行業法第3条の登録事業者) ※宿泊事業者は「施設」単位、旅行会社は「事業者」単位で登録し、登録事業者あたりの販売上限数は200セットとなります。
・旅行客が長野県内に居住していることの確認ができる者、長野県が作成した「安心旅人宣言カード」の提示や携行など感染防止の協力を依頼できる者。

Q、前売券はどのように発行したらいいですか?

 A、各事業者において任意の様式で発行いただいて構いません。参考までにひな形としてホームページ内に前売券フォーマットを掲載していますので、必要に応じてご利用ください。なお、発行・販売の際には必ず署名欄への押印・署名等を行い、発行事業者様でのみ利用可能な旨を明示してください。

Q、前売券は紙で発行する必要はありますか?

 A、前売券は、紙媒体である必要はなく、電子データ(PDF形式やメール本文で明示)等により発行・管理していただいたも構いません。また、購入者に「券」を発行せず、管理台帳等に記載し管理していただく方法でも構いません。ただし、購入者との間でトラブルのないようご注意ください。

Q、前売券はいつから販売できますか?

 A、参加希望事業者は、事前に「信州の宿 県民応援前売割事業」に申請(電子、メール・FAXもしくは郵送)いただく必要があります。申込内容が確認でき次第、事務局より販売開始のメールをお送りいたしますので、登録完了メールを受信後、販売を開始してください。

Q、前売券を県民以外にも販売していいですか?

 A、県民以外に販売することは認められません。販売時には県内の居住が確認できる書類(運転免許証、保険証、公共料金の支払いの領収書)等の確認をお願いします。

Q、観光クーポン券を施設内に併設されている売店、土産物屋で使うことはできますか?

 A、可能です。ただし、別途、本事業の「観光事業者」として登録が済んでいる必要がありますので、事前に御申請ください。

Q、グループ内に県内在住者ではない者がいる場合の割引はどうなりますか?

 A、前売券をお持ちの長野県民の方に割引を適用してください。長野県民以外の方に割引を適用することはできません。

Q、予約できる期間は決まっていますか?

 A、予約できる期間は令和3年6月11日(金)~12月31日(金)(予定)です。
※令和3年8月31日(火)までに予約された宿泊旅行に限ります。なお、9月以降に宿泊日を変更いただくことは可能です。
※新型コロナウィルスの感染状況によっては、前売券のご利用期間を見直す場合があります。
※事業者によって利用期間が異なる場合がございます。詳細は各事業者にお問い合わせください。

Q、宿泊施設等で「お盆の時期は使用できない」、「利用期間を12/31より前で終了させる」、「宿泊予約時に前売券を使用することを事前に伝達する」、「前売券を使用しての宿泊時に記念品をプレゼント」といった独自の使用条件を前売券に付してもいいですか?

 A、可能です。ただし、販売時にあらかじめ購入者に独自の条件を説明し、前売券にも明記してください。

Q、本事業を実施するにあたって人出が足りず余力がないので、他の事業者へ委託をしようと考えているが、可能ですか?

 A、申請事業者ごとに販売上限額を設定するので、申請・精算を含めた委託は認められません。ただし、部分的に販売を外部に委託するということは可能です。

Q、前売券の偽造された場合どうなるのですか?

 A、販売時にどこのどなたへいつ販売したか記録するとともに、前売券利用時に当該記録と突き合わせて確認を行ってください。

Q、5,000円以下の宿泊料金なのに前売券を利用させてしまったら、どうなるのでしょうか?

 A、支援の対象外となります。周辺観光施設の利用券をセットにする等、サービス内容を向上させて宿泊料金を5,000円以上となるよう工夫してください。

Q、宿泊客が宿泊料金8,000円にお釣りが不要だという条件で前売券を2枚利用したらどうなるのか?

 A、このケースでは前売券は1枚しか使えないので、2枚目は支援の対象になりません。

Q、宿泊客が宿泊料金8,000円に前売券を2枚利用した宿泊客に誤ってお釣りを2,000円出してしまったらどうなるのでしょうか?

 A、このケースでは前売券は1枚しか使えないので、2枚目は支援の対象になりません。

Q、販売上限額を上回って販売してしまったらどうなるのか?

 A、上回った分は支援の対象となりません。

Q、3連泊目以降も前売券を使わせてしまったらどうなるのか?

 A、前売券は2連泊までしか利用できないので、3連泊目以降は支援の対象となりません。

Q、信州の安心なお店認証制度には申請したが、まだ現地確認を受けていないが登録してもらえますか?

 A、申請していただいている場合、登録いたします。登録後、現地確認を受けて下さい。

Q、感染状況によっては前売券の利用へ支援できないとのことですが、県内の感染状況について常時すべて把握していないので、どうしたらよいのでしょうか?

 A、本事業は感染拡大時に前売券を販売し、感染状況が落ち着いている時に利用していただくこととしているため、前売券の利用の支援ができない時は事務局から連絡をいたします。

Q、販売期間外に前売券を売った場合どうなるのでしょうか?

 A、本該事業は感染拡大時に誘客が困難な事業者を支援する目的で実施するものであり、定めされた期間に前売券を販売していただく必要があり、期間外に販売をした場合、支援の対象となりません。前売券の対価の入金については、販売期間以後でもよろしいですが、事業趣旨から宿泊当日の入金は認められません。

Q、前売券の使用期間が始まってから使えなくなることがありますか?

 A、使用期間が始まってからコロナの感染状況が悪化した場合は以下のとおりとなります。
  ◯宿泊日が以下①~④のいずれかに該当する場合は、前売券利用に対して支援いたしませんので、宿泊施設や旅行会社で使用できない場合があります。
①まん延防止等重点措置地域の指定がある
②医療非常事態宣言が発出されている
③全県の感染警戒レベルが5以上となっている
④圏域の感染警戒レベル5以上の圏域が複数ある
  ◯宿泊日が以下①~③のいずれかに該当する場合は、利用を控えてもらうよう要請します。(宿泊時期の変更、同居家族での利用など)
①医療警報が発出されている
②全県の感染警戒レベルが4となっている
③圏域の感染警戒レベル5の圏域がある
  他に各事業者の判断で利用を停止する場合がありますので予めご了承ください。


一般のお客様向け

Q、前売券はいつから販売になりますか?

 A、5月12日以降、準備が整った事業者(宿泊施設、旅行会社)から順次販売を開始します。 販売開始日は宿泊施設、旅行会社ごと異なりますので、直接お問い合わせください。前売券販売施設一覧はこちら

Q、前売券はどこで購入できますか?

 A、事前に登録された宿泊施設又は旅行会社において販売します。
・具体的な販売方法は宿泊施設等ごと異なりますので、購入を希望する宿泊施設等に直接お問い合わせください。
・多くの方にご利用いただくため、宿泊施設等において1人当たりの最大販売数を設定する場合があります。予めご了承ください。

Q、前売券の利用制限はありますか?

 A、・一人1泊当たり5,000円以上の宿泊旅行代金が対象のため、5,000円未満の場合はご利用いただけません。
・1回の旅行において、1人1泊あたり最大2枚(かつ2泊)までの利用となります。なお、1人1泊あたり2枚使えるのは宿泊旅行代金が1万円以上の場合に限ります。例)宿泊代金が9,000円の場合は1枚(5,000円分)のみ利用でき、差額は現金等によりお支払いください。

Q、前売券の使用期間はいつからですか?

 A、(令和3年6月9日プレスリリース)6月11日(金)宿泊分からご予約・ご利用いただけます。

Q、前売券の費用の支払い方法はどうすればよいですか?

 A、具体的な販売方法は事業者により異なります。登録施設へお問い合わせください。前売券販売施設一覧はこちら

Q、前売券事業に登録している宿泊施設や旅行会社はいつからどこで確認できますか?

 A、登録施設一覧(PDF)を公式ホームページに公開しました。(令和3年5月10日)詳細はこちら

Q、観光クーポンが使える施設一覧はいつからどこで確認できますか?

 A、観光クーポンの使えるお店は、こちらから検索できます(また、PDFもこちらから閲覧できます)。

Q、観光クーポンはいつからいつまで利用できますか?

 A、宿泊時に発行され、宿泊日とその翌日まで利用できます。 例)R3.6.5チェックイン~6.8チェックアウトの3泊4日の場合、R3.6.5から6.8までの4日間利用可能です。

Q、宿泊の際、宿泊プランに含まれてない追加で注文した料理・飲み物代に観光クーポン券は使えますか?

 A、使えません。観光クーポン券は「宿泊利用者以外も利用できる施設」でお使いいただけます。宿泊に付随する飲食代・サービス等には、観光クーポン券ではなく宿泊前売券をお使いください。ただし、観光事業者登録されている宿に併設の飲食店・売店・土産物屋等では、観光クーポン券はお使いいただけます。

   例)1泊2食付きプラン 8,000円 追加で料理を注文をして+2,000円がかかった場合
      8,000円+2,000円=10,000円 → 前売券 2枚まで適用可能です。

   例)1泊2食付きプラン 8,000円 併設の売店で2,000円分買い物をした場合
     宿泊代 8,000円 → 前売券 1枚まで適用可能です。
     売店代 2,000円 →観光クーポン券 2,000円分適用可能です。
     ※会計が別になっていることが前提です。

Q、利用宿泊施設の条件について、留意すべき点はありますか?

 A、・利用できるのは、前売券を購入した宿泊施設又は旅行会社に限ります。(別の宿泊施設で利用することはできません。)
・宿泊施設への予約方法は問いません。

Q、購入対象者の条件について、留意すべき点はありますか?

 A、長野県内にお住まいの方が対象となります。長野県外にお住まいの方は購入できませんのでご注意ください。

Q、旅行予約サイトから予約した場合に、サイト上のポイントは使えますか?

 A、事業者により条件が異なります。詳しくは登録施設へお問い合わせください。

Q、前売券の払い戻しはできますか?

 A、購入後の払い戻しはできません。 予めご了承ください。

Q、グループ内に県内在住者ではない者がいる場合の割引はどうなりますか?

 A、前売券をお持ちの長野県民の方には割引を適用いたします。長野県民以外の方には割引を適用することはできません。ご了承ください。

Q、予約開始は6月以降とのことですが、具体的にいつからできますか?

 A、(令和3年6月9日プレスリリース)6月11日(金)宿泊分からご予約・ご利用いただけます。

Q、予約をする期限はありますか?

 A、8/31まで予約をする必要があります。ただし、予約後、9/1以降に前売券の利用日が変更となっても構いません。

Q、前売券の使用期間が始まってから使えなくなることがありますか?

 A、使用期間が始まってからコロナの感染状況が悪化した場合は以下のとおりとなります。
  ◯宿泊日が以下①~④のいずれかに該当する場合は、前売券利用に対して支援いたしませんので、宿泊施設や旅行会社で使用できない場合があります。
①まん延防止等重点措置地域の指定がある
②医療非常事態宣言が発出されている
③全県の感染警戒レベルが5以上となっている
④圏域の感染警戒レベル5以上の圏域が複数ある
  ◯宿泊日が以下①~③のいずれかに該当する場合は、利用を控えてもらうよう要請します。(宿泊時期の変更、同居家族での利用など)
①医療警報が発出されている
②全県の感染警戒レベルが4となっている
③圏域の感染警戒レベル5の圏域がある
  他に各事業者の判断で利用を停止する場合がありますので予めご了承ください。

信州割SPECIALに関してのお問合せの多い内容は現在準備中です。暫くお待ち下さい。随時更新していきます。

※現在準備中です。








お問い合わせ



前売割事業に関するお問い合わせ

「信州版 新たな旅のすゝめ」前売割事務局

TEL:026-224-0401 (一般利用者の方)

TEL:026-224-0430 (事業者の方:宿泊施設・旅行会社)

FAX:026-224-0445

〒380-0813 長野県長野市緑町1605-18-305


信州割SPECIAL事業に関するお問い合わせ

「信州版 新たな旅のすゝめ」宿泊割事務局

TEL:026-263-7311 (一般利用者の方)

TEL:026-263-7322 (事業者の方:宿泊施設・旅行会社)

FAX:026-263-0076

〒381-0038 長野県長野市東和田857-1信州名鉄長野ビル3F


観光クーポン券に関するお問い合わせ

「信州版 新たな旅のすゝめ」宿泊割事務局

TEL:026-263-0056 (事業者の方:クーポン対象事業者)

FAX:026-263-0076

〒381-0038 長野県長野市東和田857-1信州名鉄長野ビル3F

※【受付時間】平日10時~17時(土日祝は除く)
※旅行商品に関するお問い合わせは各商品を販売している旅行会社に直接お問い合せください。
※宿泊に関するお問い合わせは各登録施設へ直接お問い合わせください。